読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民族派マイラー

民族派マイラーの活動忘備録です。

第1回修行その1

修行

朝は身震いする寒さでした。

1月の某日早朝5時に起き、家族を起こさないようにそっと自宅を出発。空港には離陸1時間前に到着しました。

取り急ぎカード会社ラウンジに入り温かいお茶を飲んで少し休憩を取るも離陸時間が気になるので急いで保安検査場へ移動、よく考えたら保安検査場入ってからエアラインラウンジがあるからそこで一息つけばよかったと後悔する。

…何やら搭乗口付近が騒がしい、あの集団は高校生?どうやら修学旅行生と同じ便になったみたいだ騒がしいけどワクワクした彼らの表情の倍以上私もワクワクしている。何せ初修行の初プレミアクラス搭乗なんだから。

程なく搭乗の案内が始まり優先搭乗で機内へ、初めてということもありましたが、かなりの優越感を味わいました。ちょと先に乗るだけでこんなに嬉しいものとは…。

この後機内でも体験した事の無い世界が広がってゆきました